日本全国に分布するマムシの猛毒

もっとも身近なところにいる危険生物といえば、何を思い浮かべますか?毒ヘビと答える方も多いのではないでしょうか?
山の中ではもちろんのこと、都市部でも生息していることも多いことから、「都会で暮らしているから絶対に遭遇することはない」とは言えません。

そんな毒ヘビの中でも、日本国内でもっともメジャーな存在といえば、やはりマムシでしょう。

場合によっては人を死に至らしめる猛毒

国内にいる無毒のアオダイショウやシマヘビなどと比較すると、マムシは決して体の大きなヘビではありません。
むしろ、小型のヘビに分類されていますので、見た目の上ではそれほど脅威に感じられないかもしれません。

しかし、彼らは放っておけば人を死に至らしめてしまうほどの猛毒を持っています。さらに、攻撃性の高い性格をしていますので、毎年、マムシに咬まれてしまうという被害が発生し続けています。

見つけてしまったら絶対に近寄らない

身近なところでそんなマムシに遭遇してしまったらどうすれば良いのでしょう?からだの小さなヘビですので、棒などを使えば自分で駆除することができる、と考えてしまいがちです。
しかし、それは大きな間違いです。彼らは非常に運動能力が高く、トグロを巻いた状態からであれば数メートルもの距離を一瞬で縮めることが可能です。

マムシに遭遇してしまったら絶対に近づかない!それが鉄則です。
間違っても自分で駆除しよう、なんて考えないようにしましょう。

△PAGE TOP