毒ヘビに噛まれてしまった時の対処法

日本国内にも数多くの毒ヘビが生息していますので、その被害に遭ってしまわないように注意を払うことはとても重要なことです。
しかし、ヘビは細く、しなやかな体をもった生き物ですので、私たちの思いもよらないところに潜んでいることもあります。

もし、彼らに気付かずに接近してしまったり、触れてしまった場合、突然牙を向けられてしまうことだってあるでしょう。
できれば、避けたいものですが、万が一、咬まれてしまった場合はどうすれば良いのでしょう?その対処法についてお話してみたいと思います。

毒ヘビに咬まれてしまった場合は種類を把握し、速やかに病院へ

何かの拍子に毒ヘビに咬まれてしまったとしても、絶対にパニックにはならないでください。
国内で生息しているヘビであれば、すぐに対処することができれば命を失ってしまうことはまずありません。

まず、大切なポイントはヘビに咬まれた場合、その種類を把握することです。同じ毒ヘビといっても種類によって毒も異なっています。そうなれば、当然対処法も違っています。

見分ける自信がないのであれば、ケータイのカメラなどを使用して、特徴の出やすい頭部や全身の模様を撮影するようにしましょう。

可能であれば毒を吸い出したり、毒のまわりを遅らせるための処置ができればベストですが、それよりも救急車を呼ぶなどでしてできるだけ早く病院へ行くことが大切です。

万が一、毒ヘビに咬まれてしまった場合、もっとも大切なことは決して慌てず、冷静に対処することです。

△PAGE TOP