映画「アナコンダ」は現実に有り得るの?

ヘビが登場する映画といえば、まっさきに「アナコンダ」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
巨大なヘビによって人々が襲われる、というこの映画を見て、ヘビという生き物に対して恐怖心を抱いた、という方も多いのではないでしょうか?

では、この映画の中のような出来事は実際に有り得るのでしょうか?考えてみたいと思います。

人を丸のみにするヘビが存在する?

まず、あの映画内に出て来たような巨大で、とんでもない生命力を持ったヘビはおそらく存在しないでしょう。

しかし、人を丸のみにしてしまうヘビは実在します。実際に、アナコンダをはじめとする大型のヘビに人が丸のみにされてしまう、という事故は発生しています。

あの映画内で実際のあったように、頭にかみつき、そのまま体に巻き付き、絞殺した上で丸のみにしてしまうのです。
少し誇張はされていますが、大型のヘビの捕食の仕方などはかなり忠実に再現されていました。

結論としては、あの映画内に登場する巨大なヘビは、おそらく存在しないものの、実際に大型のヘビに襲われ、丸のみにされてしまう可能性がないわけではありません。
全てが現実にも起こり得る、とは言えませんが、完全な作り物である、とは言えない映画、それが「アナコンダ」です。

△PAGE TOP