あなたの身近なところにも危険生物が潜んでいるかも!?

あなたは自然が好きですか?美しい自然の中にいると自然とリラックスすることができる、という方も多いかもしれません。
そんな自然の中に身をおくために、登山やキャンプといったアウトドアを趣味にしているという方もいらっしゃるでしょう。

このように、積極的に自然に触れている方であれば、自然が時には私たちにとって大きな脅威になってしまう可能性があることも十分にご存じでしょう。

しかし、こちらから自然の中に入って行かなくても、さまざまな脅威にさらされてしまう可能性があります。

ここでは、そんな自然の驚異の中でも身近なところに潜んでいる危険生物についてお話してみたいと思います。
あなたの身を守るために役立てていただければ幸いです。

意外と都会でも見かける危険な生物

都会で暮らしていると、危険な生物とは縁がないのでは?と考えてしまいがちです。しかし、高層ビルが立ち並ぶ都会であっても、危険な生物に遭遇してしまう可能性がないわけではありません。
もちろん、山の中と比べれば確率は低くなります。だからといって油断していると、大きな危険が背後まで迫ってきているかもしれません。

たとえば、都会にだって毒蛇はいます。細い体を利用して、建物内に潜んでいることだって十分にあり得るのです。
また、野生のサルなどが住宅地に迷い込んでしまう、というケースも考えられるでしょう。事実、都市部でもあちこちで野生のサルが見つかり、騒ぎになっています。
さらに、山間にある都市などでは、クマがエサを求めて都市部にやってくることだってあります。

こういった動物に遭遇してしまったとき、正しい知識を持っていなければ、自分の身を危険にさらすことになってしまいます。

知ることで避けることのできる危険

たとえば、目の前にいきなりクマが現れた場合、あなたならどうしますか?向こうが攻撃を仕掛けてくれば、まともに戦っても勝てる見込みはほとんどありませんので、運任せにしてしまう、という方がほとんどでしょう。
しかし、助かる可能性を高めるための行動を知っているのと、知らないのでは、まったく違います。

絶体絶命のピンチに陥ってしまう前に、できるだけ危険な生物から自分の身を守る方法をしっかりと考えるようにすべきでしょう。

当サイトでは、さまざまな場面で遭遇してしまう可能性のある危険生物について、対処法まで含めてご紹介してみたいと思います。
あなたもいざという時に備えて、自分の身を守る方法を頭に入れておきましょう。

かわいいだけじゃない?シカだって危険!

多くの野生のシカが生息していることを売りにしている観光地なども少なくありません。その愛らしい見た目から、シカはとても高い人気を集めている動物です。しかし、実は危険な一面も持っていることをご存じでしょうか?

奈良や、広島などには多くのシカが生息していることから高い人気を集めている観光地があります。
比較的おとなしく、シカは国内に生息している野生動物の中でも高い人気を集めています。

しかし、シカは本当に安全な動物であると言えるのでしょうか?実は観光地などのシカは野生とはいっても、ある程度の管理がされていることから危険が少ないだけです。本当の野生のシカは、私たち人間にとって脅威となってしまうことだってあります。

シカのオスの角は凶器にもなり得る?

管理されている観光地のシカはオスであっても、角がそれほど大きくはありません。これは、危険防止や、樹木などの保護のために定期的に角切りを実施しているためです。

しかし、観光地のように管理されている場所以外の、本当の野生のシカにはとても大きく、鋭い角があります。

基本的にシカはおとなしく、自分から攻撃をしてくることはありません。しかし、こちらから刺激するなど、何かのきっかけでこの角を振りかざしてくることもないわけではありません。

あの大きな角が突き刺さってしまったら…想像しただけでゾッとしてしまいませんか?

シカは安全な生き物、と断言することはできません。山の中で遭遇しても、決してこちらから近づかないようにしましょう。

ヒャンの美しい体に惑わされないで

あなたはヒャンというヘビをご存じでしょうか?奄美諸島などのごく一部にしか生息しない上、個体数もとても少ないヘビですので、ご存じない方が多いかもしれません。おとなしく美しい体を持つヘビですが、実は猛毒の持ち主です。決して惑わされないように!

ごく一部の地域で暮らしている方以外には、ヒャンというヘビはあまり馴染みがないかもしれません。
奄美諸島など、ごく限られた場所にしか生息しない上、絶滅寸前となっていますので、実際に見たことがある、という方もあまりいらっしゃらないかもしれません。

しかし、個体数は少ないとは言っても、国内に生息している以上はどこかで遭遇してしまう可能性があります。
あまり恐れる必要はありませんが、しっかりとその存在を知っておくべきでしょう。

美しい体に惑わされないで!

ヒャンの最大の特徴は、赤と黒のとても美しい模様です。体調も小さく、とてもおとなしい性格のヘビですので、毒ヘビである、ということを知らなければ、思わずさわってみたくなってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、彼らの持つ毒はなんとハブやマムシ以上のものです。咬まれてしまえば、命を落としてしまうこともあります。

非常に強い毒を持った危険なヘビではありますが、こちらから手を出さないかぎり、向こうから襲ってくることはまずありません。
また、絶滅寸前となっていることから、もし遭遇してしまっても「毒ヘビだから駆除を!」なんて考えを持たないようにすべきです。

美しくおとなしいヒャン。もし、毒を持っていなければペット用のヘビとして人気者になることができたかもしれませんね。

更新情報

△PAGE TOP